フランスの小学校から成績表が届いた!

バカンスがはじまった

今日から学校が秋休みとなりました。9月にはじまって6週間、あっという間に時間が過ぎていき、今日、心配していた成績表を持ってきました。

幼稚園のとき、発音矯正士のところに行ったほうがいいと言われていたので、今回もフランス語のことで何か言われるかなぁと心配していましたが、心配とは裏腹に、どういうわけだか成績がとてもよかったので安心しました。フランス人の家庭で生まれ育った同級生とは異なり、日常的な語彙力の少ないミミズは、聴覚や視覚など、あらゆる感覚を使ってフランス語を記憶しているため、ディクテもちゃんとできていたみたいです。クラスの平均点をはるかに超える成績だったので、まずは安心しました。

とはいえ、今度はもっとフランス語の勉強をやっていかないといけないだろうから、さらに大変だなぁと思います。柔道でいっしょの子たちの話を聞くと、宿題が多くて柔道に来られなかったとか、そんなことを言っています。家に帰ってからどれだけ宿題をやるかということに尽きますが、アタシもいっしょに勉強しないと…と思っています。

算数の成績は予想どおりでした。まぁよくできていました。ひとつ、設問の意味がわからなかったみたいで、ほとんどできなかった課題がありましたが、これは算数の問題ではなくフランス語の問題なのでとくに心配ないかなと思っています。

とはいえ、アタシたちは、朝の30分の日本語学習+スマイルゼミと、学校から帰ってからの数分の宿題程度しか勉強をしていないので、必要に応じてもう少し勉強時間が必要になるかもしれません。ま、様子を見ながらということで。とりあえずホッとしています。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です