フランスの学校閉鎖やら外出制限やら

ミミズが大好きなCarlaといっしょに

この1週間、怒涛のように過ぎていきました。13日の金曜日、まさに悪魔が訪れたような一日でした。お昼ごろ、突然、学校から連絡が入り、ミミズが熱っぽいから迎えに来てくれと言われたのです。まさかコロナ?ともうパニック。結局、前日、寒い中、外で遊んだせいで風邪を引き、熱が出たわけですが、時期が時期だけに死を予感しました。必死に看病したせいで、ぎっくり腰になり、踏んだり蹴ったりでしたが、とりあえず何事もなさそうなのでホッとしています。

で、そんな中、アタシの勤め先の学校も遠隔授業をすることになり、翌1週間は休校となることが決まりました。急に決まったことでしたが、当初、先生方は学校から遠隔授業をするという話でしたので、ミミズのこともあって急いで家に帰ったのですが、そこからが急展開。政府が外出制限を発令し、学校自体も閉めることになり、遠隔授業は、各自が各家から行うことになったのです。

というわけで、先週は、ミミズを退屈させながら、遠隔授業のためのレッスンに明け暮れたのです。これでダイジョウブかといろいろな心配があるのですが、とりあえず基本的な使い方をマスターし、来週の水曜日から授業がスタートします。

ミミズはというと、先週からお母さん先生と勉強をしています。アタシたちは、朝ご飯を食べた後、学校へ行くまでの時間に毎日勉強をしてきているので、家でママと勉強する習慣がついています。そのため、わりとふたりで楽しく勉強できています。先生から毎日やる課題が出されているので、それをこなしている日々です。フランス語もアタシが教えているわけですが、ふたりでお互いのわからない部分を補いながら、何とかがんばっています。算数は、ま、問題ないです。ただ、来週から、アタシも授業があるので、ちょっと心配です。月曜日と金曜日は終日授業があるため、朝は早く起きて勉強させないといけないと思っています。ここ最近、アタシも遅くまで仕事をしているため、朝も7時に起きられない毎日でしたが、週明けからちゃんとしなければ…と思っています。

もうすっかり元気

外出が制限されていますが、家の近くを運動不足解消の散歩程度は許可されています。許可書を持参しなければならないのですが、田舎で暮らしているおかげで、裏の雑木林を少し散歩することができます。すっかり風邪が治ったミミズは、毎日、退屈をしています。アタシも仕事の合間にミミズとバドミントンをしたり、散歩に出ています。おかげで運動不足とはいえ、少しぐらいの運動はできています。

おかげでストレスのない日々

こんな田舎にいると、コロナ騒動とは無縁の、何だか別の世界のような印象を受けるのですが、パパも会社が閉まり、これからは経済が心配です。アタシの方は何とか仕事が継続できそうなので、とりあえずはホッとしていますが、夏、日本へ行っても問題がないのかどうか、ちょっと心配になってきています。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です