フランスのロックダウンに疲れ切った親たち

今週末でフランスのロックダウンも解除されるはずという昨今。この3週間ばかり、1週間の学校閉鎖で家庭での授業期間と、それに続く2週間の春休みとなりましたが、アタシ自身もさることながら、ママ友たちからもロックダウン疲れが見えた3週間となりました。

今回のロックダウンは、家から半径10km以上の移動の禁止となりましたが、どこもかしこもクローズされているため、子どもたちの退屈もピークに達していたんだと思います。また、ミミズの場合、フランス語と日本語の勉強がふたつあり、あんまりやりたくないという気持ちがあって、イライラがお互いにぶつかり合い、ほぼ毎日、ケンカしていました。さらに、パパが夜勤で日中、大声で話すこともできず、いまから思えば大変な日々だったなぁと思います。あまりに大変すぎて、ブログも書けなかった。

友だちの家庭でも同じで、まったく勉強はしない、何のやる気もない、どこにも行けないし、近くを散歩するのも退屈で、結局、テレビやYoutube、ゲームなどに明け暮れる日々だったという声も。久しぶりに会ったお友だち、みんなちょっとコロコロと太っていました。ミミズもアタシもけっこう意識して運動していましたが、けっこう太ってしまい、当分の間、ハンバーガーショップはお預けです…。

この週末はミミズのお誕生日だというのに、プレゼントも買えず。ロックダウン疲れです。でも、これで少しは感染者が減ったようで、来週から少しずつ店やレストラン、スポーツジムなども開いていく様子。週末のニュースに期待が膨らみます。

ところで、この3週間の間、ミミズは文句だらけでしたが、ちゃんとスマイルゼミも漢字の練習も、掛け算の暗記も、フランス語での日記も、毎日続けました。大変だった。大ゲンカしながらやりました。といっても、一日中、勉強しているわけではなく、朝だけです。あとはウォーキング、サイクリング、友だちと遊んだりしました。

朝勉強はとても大切で、このタイミングを逃すと、まちがいなく、一日中、何もしません。だから、せっかく覚えた漢字を忘れないためにも、心を鬼にして続けました。このままがんばって、10月にはまたパリで漢字検定を受けたいと考えています。COVID-19よ、どうかアタシたちの邪魔をしないでほしい。今回は、もし可能だったら、足を伸ばしてカミーユ・クローデル美術館にも行きたい。なんてぼんやりと考えています。

漢字、やっぱり日本にいないせいか、覚えが悪く、モチベーション上がりません。それでもがんばっています。日本に行ったとき、問題なく過ごせるために! がんばれミミズよ!







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です