バイリンガル教育は早ければ早いほうがいい

今日、ネットニュースを読んでいたら、ニューズウィーク日本語版の「0歳からの教育」という記事を見つけました。ワシントン大学の先生による記事で、英語圏で英語で育った家庭(モノリンガル家庭)と英語圏で英語とスペイン語で育った家庭(バイリンガル家庭)の子どもに脳磁図という計測技術を使って、言語の音節を聞いているときの脳の活動を調べたところ、モノリンガル家庭の子どもはスペイン語の音を脳が処理しなかったけれど、バイリンガル家庭の子どもはふたつの言語の音を脳が処理していたことがわかったという話です。

つまり、モノリンガルで育てようがバイリンガルで育てようが、同じように言語を習得していくということで、たとえばフランス語と日本語のバイリンガル家庭で育ったミミズは、フランス語だけで育ったフランス人家庭の子どもと同じフランス語のレベルを持ち、日本語だけで育った日本人家庭の子どもと同じ日本語のレベルを有しているということになります。

よかった。ミミズが幼いころ、フランス語をあまり理解しないミミズに、家庭でもフランス語を使うように言われたり、多くの人からさまざまな指摘を受けてきましたが、それでも日本語を使い続け、勉強もやり続けてきました。実際、ミミズは、フランス語の成績もよく、いっしょにテレビや映画を見ていても、アタシがわからないところを翻訳してくれるので、日本語と同じようにフランス語もしっかりと理解していることはわかります。

アタシは、ミミズがおなかに訪れた時からずっと日本語を使い続け、2歳ごろからカードを使ってひらがなやカタカナを教え、いっしょに本を読み、年長さんからスマイルゼミをはじめ、いまは毎朝、日本語を使った勉強をしています。本当に嫌な時は勉強はしませんが、ミミズも習慣的に勉強をしています。とくにスマイルゼミは楽しく学習できるので、このツールは本当に正解だったと思います。日本の学校の教科書に合わせているので、国語と算数は一応、日本の子どもと同じように勉強していることになります。

言語教育について、さまざまな考えがありますが、いくつもの言語を使える環境で育つと、発想が人とはちがうようになる気がします。これは、新しいアイデアを生み出す原動力になるように感じます。実際、ノーベル賞を受賞した人の半数がアメリカ人、つまり移民です。また、世界にはいろんな人がいるということを学ぶことができるように思います。アタシたちがいま住んでいるフランスには実に多くの移民がいて、フランス語という共通語を話していても、文化や習慣がまったく異なる友だちがたくさんいます。

日本に行ったら、アタシは家でフランス語を使うようにしないといけないと感じています。フランスで学んだことを忘れないために、そして、彼女が将来、国籍を選ぶとき、日本とフランスのどちらがいいのか対等に選ぶために、少しずつ準備をはじめていこうと思っています。









投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です