スマイルゼミの無学年学習の説明会がありました

いま、スマイルゼミで大きく説明している無学年学習という新しいコンセプトについて、説明会というか説明動画が流れました。この無学年学習アプリのことをコアトレと呼んでいるのかなと思います。実は、この説明会、あんまりよくわかりませんでした。

スマイルゼミには、今日のミッションという毎日の課題をクリアすることで、今月のすごいキミという毎月のイベントで、プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズ、ホワイトという5つの賞をもらえます。これは、一日だけがっつり勉強しただけでプラチナがもらえるというものではなく、毎月、コツコツと勉強していくことでもらえます。だから、毎日、7つの今日のミッションをやるというのがミミズの目標になっていて、毎月、プラチナをもらっています。この今日のミッションのおかげで、ミミズはコンスタントに勉強を続けているのです。

で、このコアトレなんですが、この今日のミッションに出てくるものなのかどうかよくわかりません。別ものだとすると、どっちを優先的に勉強したらいいのか、迷ってしまいます。このあたりの説明をしてもらっていなかったように思うのですが、もしかしたらアタシの聞き逃しかもしれません。

アタシが、無学年学習という言葉からイメージすることは、飛び級です。だから、好きな教科は教科書の進みとは別にどんどん勉強していけると思っていました。コアトレはたぶんこの飛び級のイメージに近いと思うのですが、今日は国語と算数だけで、仲間と競争しながら学習できるという方法みたいで、少しがっかりしました。競争が苦手なミミズには間違いなく合わないのです。このコアトレは、基本的に競争好きで優秀な子がどんどん飛びついていくイメージです。これだけは誰にも負けないみたいな、不器用だけどものすごい取り柄のある子とか、競争が苦手だけどコツコツ勉強をがんばろうという子には不向きなのではないかと思うのです。どうなんでしょうか。

アタシはミミズに頭がよくなってほしくてスマイルゼミをはじめたわけではありません。日本語を使った勉強を楽しくやりたくてはじめました。実はスマイルゼミだけでは漢字の習得が追いつかなくて、スマイルゼミとは別に漢字の問題を毎日出しています。海外にいる日本人の子どもが苦手とする漢字は、日常的に使わないからというのが大半の理由です。間違えても間違えても毎日繰り返しています。

日本の子どもは競争慣れしているのかもしれませんが、ミミズは勉強での競争は絶対にダメです。だから、このコアトレがどのようにミミズに働くのか、とても興味があるのです。スマイルゼミのアンケートで、もっと説明してほしいと書きました。アタシの小さな声が企画者の耳に届いてくれたらと思います。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です