スマイルゼミで無学年学習コアトレというのがはじまるそうだ

アタシたちはスマイルゼミの大ファンです。ミミズがここまで完全に日本語とフランス語を操れるのは、幼稚園のころからスマイルゼミをはじめたおかげだと思っています。アタシは別に教育ママではなく、ただ単にミミズには国籍を選ぶ22歳になったとき、フランス語がわからないから日本国籍を選ぶとか、日本語がわからないからフランス国籍を選ぶとか、ネガティブな理由で国籍を選んでほしくないという理由で、2歳のころから日本語の勉強をはじめ、フランスのCPがはじまる年の夏休みからスマイルゼミをはじめました。おかげで現在までは日仏の完璧なバイリンガルです。

そんなスマイルゼミから先日、メールが届きました。2022年からコアトレという無学年学習カリキュラムがスタートするというニュースです。伸びしろのある教科は自由に伸ばしていけるシステムなのかなというのがアタシの想像です。特定の教科が得意な子には朗報だと思います。ただし、ミミズにはどうだかわかりません。勉強嫌いを公言していて、以前、発展クラスを受講していましたが、むずかしくて普通クラスに変えました。ただ、英語は好きなので、プレミアムというランクアップの講座を受講していて、もっと勉強したがっているので何かあればいいなと思います。スマイルゼミからのニュースでは、このコアトレは国語と算数だけみたいですが…。

スマイルゼミをうまく進めていくには、親もいっしょに楽しむことだと思います。いっしょにやっていくことで、ミミズがミスをするのはしっかりと設問を読んでいないからだということがわかったり、実は朗読がとても上手だということがわかったり、新しい発見があるからです。また、スマイルゼミでは、親子がメッセージでやりとりできるシステムがあって、仮に親が働いていても、子どもが何をやったのかがわかるので、応援メッセージを送ることもできます。我が家では、日本のおばあちゃんからもメッセージが受け取れるようになっていて、おばあちゃんからのエールが届くと喜びます。

そんなわけで、海外で子育てをされていらっしゃる方、何らかの理由で学校に通っていない子どもがいらっしゃる方などにスマイルゼミはおすすめです。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です