コロナだからあっちに行けとフランスの小学校で言われた件

いつかこんなことが起こるのではないかと嫌な想像をしていたのですが、そんなことを特定のクラスメイトに言われたとミミズが打ち明けたのが1週間ほど前のこと。怒りがこみあげて来たけれど、ここはまず先生にクラス内で解決してもらい、それでも解決できなかったら校長先生に話して、それでもダメだったら…などと考えめぐらせ、とりあえず先生と親の連絡帳に書きました。書いた内容は、特定の児童から、ミミズはコロナだからあっちに行けと言われたと話していると、学校に行きたくないと言っていると、どうかクラスで一度きちんと話をしてほしいと、そんな内容でした。

で、先生はさっそく話してくれました。ミミズが言うには、すごく長い話だったとそうですが、先生自身、コロナに感染した経緯があるので、思うところがあったのかもしれません。その後、特定の児童のひとりから謝罪を受け、クラスメイトからもごめんねと言われ、ミミズはコロナじゃありませんなどと言ってくれたと話していました。私たちの声を真摯に受け止めてくれた先生に感謝しています。

今朝、クラスメイトの親からも、自分の子どもが、ミミズ本人には言っていなかったようですが、ミミズはコロナだから嫌だと家で言っていたことを謝罪し、学校で話し合いをして解決できたみたいだと話してくれました。学校でこういう問題が共有できたのがよかったのかもしれませんが、こういう問題、今後もまた起こるだろうなぁと想像します。

フランスは、世界でも有数の移民の国ですが、それゆえにさまざまな問題を内包しているという面もあります。昨今では、特定の宗教を名指しで批判したことで殺人事件に至ったケースもあり、世界を巻き込んだ問題にもなっています。コロナが発症のが特定の国であったことから、その国に対する差別は日本国内でも起こっているし、日本の外にいる私たちは、アジアの国のひとりとして、こういう問題に直面します。こういうとき、声をあげることの大切さ、違和感を上手に伝える表現力、その方法を誤った形ではなくみんなで共有できるようにすることが重要だと思います。

今日は2020年最後の学校です。クリスマスのすばらしいランチをいただき、いろいろあった1年が終わります。2021年の学校生活も楽しいものであってほしいです。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です