コロナが怖くて不登校でもしっかりと成長している

今週から外出制限が解禁となり、何となく社会が動きはじめています。マスクと手袋を身につけながらの買い物も慣れましたし、距離を取って話したりするのにも慣れてきました。散歩をしても人の出が増えていて、道行く人とあいさつをしたり、少しおしゃべりしたりします。ミミズは、散歩に出るのは平気だけど、学校には行きたくないのだそうです。

コロナになりたくないから学校には行きたくないというので、引き続き、先生からの指示に従いながら勉強を続けていますが、アタシも働いている身なので、できるときにやるという感じになっています。それでもスマイルゼミは毎朝やっていて、日本の学校で習う内容はとりあえずカバーできているので、本当にこのスマイルゼミは買ってよかったと思っています。

この数カ月でだいぶ太ったアタシたち。それまでけっこうハードに運動してきていたので、歴然と体重に現れています。ミミズもアタシも、3kgは太りました。自らをコントロールするのは本当にむずかしいなと実感します。腕立て伏せが重たくてできなくなってしまったり、ちょっと動くだけで息が上がります。もう少しハードに運動をはじめないといけないなぁと思っていますが、いつになることやら…。

そんな中、ミミズの前歯が動きはじめました。前の2本です。右側はもうすっかり大きく大人の歯が出てきていて、乳歯の前歯を前に押しているので、歯が前に出ているように見えます。これまで抜けてきた歯の倍ぐらいの大きさがあるので、きっと抜けるときはもっと痛いだろうなぁと思います。ミミズが寝た後、こっそりグラグラと動かしています。不思議なことに、寝た直前に歯を動かしてもまったく反応しません。一方、朝、目が覚めたときに同じことをやると、眠っていますがすぐに嫌がるそぶりをします。おもしろい。睡眠の深さが明らかにちがうのがわかります。

外出制限が解禁されて、コロナ感染率がどうなっているのか、まだよくわかりません。実際、怖いし心配も多いけれど、コロナがまったくなくなることはないということを考えると、少しずつ社会に出ていかなければならないので、もう少し様子を見て、ミミズにも学校へ復帰してほしいなぁと思うばかりです。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です