クレープと節分

おにのミミズを不思議そうに見つめるすみちゃん

2月2日はフランスのクレープの日でした。La chandeleurという宗教の日です。今年はミミズもクレープを作りました。具はNutellaというチョコレートで、味見と称してけっこう食べていました。

で、2月3日は節分でした。今年も大豆を煮て作りました。節分の豆のように豆を炒てもよかったけれど、すみちゃんも食べられるようにやわらかい大豆で豆まきをしました。そして恵方巻、年々、いい加減になりますが、いちおう方位を見ながら食べました。ミミズは目をつぶって願い事をしていました。

旧正月を迎え、本格的に新年がスタートしました。今年は日本に行くという大きなイベントがあって、ちょっと緊張しています。すみちゃんとの旅行はどうなるのか、果たして一緒に旅行できるのかなど、コロナ渦でわからないことだらけですが、少しずつ計画していこうと思っています。

2022年、すばらしい年になりますように。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です