クリスマスのバカンスがはじまった

村にやってきたサンタさんと

ミミズ、フランスの小学3年生、今日からクリスマスのバカンスがはじまりました。思えば、バカンス前の最終日、ミミズたちはクリスマスをひとりで過ごす人たちへのプレゼント製作をしていました。日本の小学生ってこういうことをするのだろうかと思いを馳せましたが、よくわかりません。

いずれにせよ、日本の小学生に比べると、格段に勉強をしていないのではないかと思うことがあります。ただ、アタシが小学生だったころって、いまから40年以上も前の話で、子どもの数が信じられないほど多く、しかも都会の小学生だったから、こんな田舎の小学生と比較するのは見当違いなのかもしれません。来年、日本に行く予定なので、そこでちょっとでも違いを感じるのかなぁと思います。

ところで、このクリスマスのバカンス前に、ミミズは工作の本を借りてきました。先生に何か作ったらぜひみんなの前でプレゼンをするようにと言われましたが、たまたま今日の昼ごろ、おばあちゃまとスカイプで、いとこのネズミくんが紙芝居を作ったという話を聞いたので、アタシたちもこのバカンスで作ってみようということになりました。

紙芝居のストーリーはだいたい決まりました。タイトルは「まい子のお星さま」です。まい子になったお星さまが家族を探す話で、7枚ぐらいの紙芝居になる予定です。7枚のお話の展開は決まったので、どんな絵を描くのか、どんな物語にしていくのかになりますが、フランス語で書くため、パパの協力も必要です。

ところで、紙芝居はフランス語でKamishibaiといいます。つまり、日本のものということになります。今年、学校では、アジアがテーマなので、紙芝居づくり、先生が興味を持つかもしれません。ちょっとがんばってみようと思います。乞うご期待。







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です