やっぱり漢字が苦手です【スマイルゼミで苦手なミッション】

ミミズは日本の幼稚園年長さんのときからスマイルゼミをやっています。ということで3年目です。ミミズのように海外で暮らす日本人の子どもにとって、日本でどんな勉強をしているのかを常に知っておくことはとても重要で、いつどんな状況になっても現地の言葉と日本語が使えるようにしておいた方がいいと思ったから、いろいろある教材の中からスマイルゼミを選びました。宣伝していたし、タブレットだし、ゲーム感覚で勉強できるかなと思ったわけです。

英語の教材も画期的で、発音のチェックをしてくれるほか、ゲーム感覚で単語を覚えることができるので、英語は特別コースを選んでいます。国語と算数は標準コースで十分です。やっぱり日本にいないから、漢字や算数の文章問題が苦手です。漢字はとくにイライラしながらやっていて、日本に住んでいる子どもだって覚えるのが大変なのに、日常的にあまり漢字を使わないミミズは、典型的な読めても書けないタイプで、いまは書く練習を重点的にやっています。で、毎日イライラしているのです。

スマイルゼミとは別に、漢字の読み取りカードと書き取り問題を毎日5問、アタシが作ってやっているんだけど、書き取りが全滅です。毎日、漢字辞書で字を調べて練習していますが、時間がかかるのでさらにイライラしています。それでも、漢字の学習に王道はなく、やっぱりこうやって練習するしかないからね。がんばれ!と応援している日々です。

スマイルゼミの場合、漢字の学習はタブレットに字を書いて練習し、字のバランスが悪かったり、うまく書いていないとやり直ししなければなりません。すごいなぁと思います。アタシたちが子どものころにこんな学習教材があったら、毎日楽しく勉強できただろうにと思いますが、ミミズは半分半分みたい。ゲームがあったりイベントがあったりして、勉強以外の部分で楽しめるから、続けて損はないけれど、毎日、勉強しなきゃいけないのが嫌みたいな…。それでも、何とか一日7ミッションをやるという目標をギリギリクリアしているので、本当に嫌になるまで続けようと思います。スマイルゼミ、ありがとう。もっともっと子どもたちを引き付ける教材になってください!






投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です