やっぱりフランス語はむずかしい【お誕生日会で発覚】

この週末、ミミズはお友だちふたりと合同のお誕生日会を開きました。とても楽しい一日でしたが、久々にミミズが複数のお友だちと過ごす様子を間近で見て気づいたことがあります。ミミズはフランス語が得意ではないということです。

この日、ミミズとふたりのお友だちは、それぞれ二人ずつお友だちを招待し、合計9名の子どもたちが一堂に集まってお誕生日会を楽しみました。私たち親たちはいろんな遊びを準備していて、親たちが準備したちょっと知的なゲームをやったり、子どもだけで自由に遊んだり、家の中でゲームをやったり、ケーキを食べたりプレゼントを渡したりと、いろんなアクティビティを3時間ほどやったのです。

そんな中、ミミズだけほかの子とはちがうことに気づいたのです。ミミズは大人が説明する話をほとんど聞いていないということです。ゲームがはじまると、見よう見マネでみんなの後についていっているような印象でした。一日が終わってミミズに聞いてみると、「ときどきわからないことがあるの!」とやっぱり答えました。

フランスで生まれたミミズを育てるにあたり、このままフランスで生活し続けるとまちがいなく日本語がうまく使えない日本人になっていくだろうと危惧したものですが、こんなふうに現地語がときどき理解できないという問題に遭遇するとは想像もしていませんでした。問題というと大げさなんだけど、それぐらいフランス語はむずかしいということなのかとも思うわけです。

実際、フランスの学校では、幼稚園で絵を描きながらアルファベットの書き方を学んでいき、小学1年生でフランス語の発音を勉強します。1年もかけて発音を勉強するなんて、日本人の感覚では驚きますが、それぐらいフランス語の発音はむずかしいのです。小学2年生の現在もなお、単語のディクテーションを中心に、文章を読んだり、ときに書いたりしていますが、日本の学校の作文レベルの文章などまだ書けないと思います。

もちろん、日常レベルではミミズはバイリンガルで、学校の成績もそんなに悪くはありません。お友だちとの関係も問題があるというわけではないものの、女子トークなんかには入りにくかったり、男子とサッカーして遊んでいる方が気が楽だったりする様子を見ると、やっぱりフランス語が苦手なのかもしれないと思うのです。もう少しフランス語を家でも使った方がいいかもしれないなぁ…と思う今日このごろ。







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です