やっと学校がはじまった【フランスの田舎の小学校事情】

2021年9月2日、やっと学校がはじまりました。昨年に引き続き、コロナ渦での夏休みは大変でした。しかも、サニタリーパスなしではあまりできることもなく、さらに、パパがバカンスだった7月はとんでもなく寒くて、ピレネーに行ったものの、夏を満喫するでもなく。それでもミミズは、Pic du Jer という山の下りを歩いて体験し、次は登ってみたいと前向きに発言してくれました。なので、次の機会は登ってみようかと思っています。下りは1時間ぐらいだったので、登りは1時間半ぐらいかな。でも、迷うこともなく、ルートの横にダウンヒル用のルートもあって、ちょっと楽しい山登りができそうです。

さて、8月には友だちが来て、3週間ほど過ごしました。何をするでもなかったけれど、1時間ほど離れた湖で楽しむなど、ときに遊びに出かけました。3週間も人がいるとけっこう大変だったけれど、いなくなると寂しくなるもので、例によってミミズは悲しみのどん底の中、学校へ行くのを渋って大変でした。

フランスのCE2は日本の小学2~3年生ということになりますが、フランスではCE1の内容を復習するような感じみたいです。この夏休みは、スマイルゼミを中心に、フランスの夏休みの問題集Passportを2冊やり、いちおう何となく復習はできたかなと。フランス語では、これから本格的にはじまるconjugaisonが心配ですが、算数は足し算や引き算、かけざんもとりあえず九九も覚えているし、大きな問題はないかなと。あとはタイミングを見て日本行きをどうするかということなんだけど、日本の状況もよくわからないから、とりあえずは様子を見ているという感じ。年が明けたら春までには移動するかもしれないという印象です。

始業式というほどの式はないんだけど、昨年はコロナで混乱した中で新年度がはじまり、例年、校長先生が全員の前で名前を呼んで、担任の元へ行くということがなかったのですが、今年は名前を呼んでくれました。ミミズは名字がTからはじまるミミズは最後の方です。クラスメイトよりも体が大きくて目立っていました。初日が終わり、お迎えに行くと、先生はやさしかったと嬉しそうに話していました。学校に行きたくないと泣いていましたが、楽しく過ごせたみたいです。

アタシもようやく時間が少しできるようになったので、またミミズの成長記録をつづっていきます。

この夏、汗をかくと汗くさいにおいがするようになって、何だか赤ちゃん時代の終わりが告げられたような印象です。いよいよ娘時代がはじまったのでしょうか。反抗もすごくていろいろ大変な日々ですが、そんなどんちゃん騒ぎも彼女の歴史としてつづっていこうと思います。









投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です