はじめてのクリスマスバカンス

明日が楽しみです!

そういえば小学校に上がってはじめてのクリスマスバカンスです。何がちがうかというと、ちょっとした宿題があることでしょうか。これまでミミズたちは、一冊の本をクラスで読んできました。Norbert et le Père Noël という絵本で、クリスマスがテーマになっています。ミミズはこの本をほぼ丸暗記していて、スラスラと上手に読むことができます。「ママも読んでみて」と言われ、発音を直されることもあります。

そういえば、休みの前にテストがありました。フランス語は17.5点、算数は19点です。20点満点だからまぁいい成績と言えるのではないかと思いますが、先生からのコメントで、後半、とても落ち着きがなかったとありました。事実、家でも落ち着きがなかったんだけど、その理由はよくわかりません。

クリスマスバカンスに入ったら、毎日、いつものように朝の勉強を続けていて、さらにフランス語の復習までやっています。ミミズから言い出したことで、アタシもいっしょにフランス語の単語の練習をしています。さらに、このバカンスの間に、1冊本を読めるようにならないといけなくて、ミミズは先の本の著者の別の本であるBelle la coccinelleという本を選びました。で、毎日、1ページずつ読んでいます。すばらしい。アタシもいっしょに練習です。いい勉強になっています。

バカンスがはじまってからも毎日ジムへ行き、ときにパパとアイススケートへ行き、ときにママとプールへ行き、アクティブに過ごしています。アイススケートは当初、ケガをするのが怖くて嫌がっていましたが、とても楽しかったみたいで、また行きたいと言っています。プールでは、学校の水泳教室で習ったことを披露してくれて、ずいぶんと泳げるようになりました。シーズンオフなので人も少なく、アタシたちは存分に楽しむことができました。

というわけで、気づけば今夜、サンタさんがやってきます。ミミズも大きくなったので、プレゼントの準備がけっこう大変です。ちゃんと隠さないと見つけてしまうし、いろいろと面倒なんだけど、何とか今年もしっかりと準備できました。今日、寝る前に支度をして、明日の朝、ミミズがプレゼントを見つけるというわけです。毎年、このイベントは本当に楽しくて、どうやらいとこのネズミくんの家でも同じようにやるみたいだと聞きました。時間をかけてサンタさんの話をして、手紙を書いたりいい子にふるまったりして、この日を待つわけです。

明日が本当に楽しみ。メリークリスマス。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です