そういえばフランスの父の日のこと

父の日のプレゼント

そういえば先週の日曜日、フランスの父の日でした。ミミズは、母の日と同じように、父の日の準備を幼稚園でやって、ワクワクしながらその日を迎えました。おばあちゃまには、ミミズがプレゼントをあげた様子を撮影したビデオを見せるとして、どんなプレゼントだったかというと…。

パパへの歌でした。ミミズはこれまで、フランス語の歌を習ってくると、意味もわからず暗記をしてきているだけでした。とはいえ、すごい暗記力に驚きます。でも、今回はちゃんと意味を説明してくれました。6歳になると、やっぱりいろんなことが違ってくるのだなぁと感心します。

その歌なんだけど、フランスのとても有名な歌の替え歌になっていて、元歌は「
Au clair de la lune 」という歌です。

Au clair de la lune(月の光の下で)

Mon papa chéri(大好きなパパ)

 J’ai pris cette plume(このペンを持って)

Et je t’ai écrit(手紙を書くよ)

 Tu es le plus fort(パパはとても強くて)

Et le plus gentil(とてもやさしいって)

Je t’aime très fort(パパ、すごく大好きよ)

Pour toute la vie(死ぬまでずっとね)

けっこう有名な替え歌で、パパはだいたい喜んで聞くものですが、我が家のパパもしかり、嬉しそうに聞いていました。きっと彼が幼いとき、同じ歌をパピーに歌ったんだろうね。

ちなみにですが、この歌に出てくるペンとは、羽がついた万年筆のようなペンのことで、月の光の下で、羽ペンで手紙を書くというシチュエーションがとてもキレイです。実際に歌を聞くと、その美しい情景が淡く浮かんできます。

というわけで、あと1週間で日本です。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です