ここ最近はおやすみ前の本がお気に入り

月末が近づくと、ちょっと忙しくなりますが、ここ1カ月近く、寝る前に本を読んでいます。どんな本を読もうか、昨年からずっと考えていたのですが、やっぱり毎年、お誕生日にカードを送ってくれるこぐま社の本を購入しようと選びました。グリム童話やアンデルセン童話もいいんだけど、ちょっと読んだことのないような話がいいなと思い、深い理由もなく、イタリアの昔話と中国の昔話を選定。1日1話、毎日読めば、だいたい2週間ほどで終わりますが、これがなかなかおもしろい。というか、落ちのおもしろさがしっくりと伝わらないものもあり、微妙な気分で読み終えることができるのです。

この本の読み聞かせ、けっこう効果があって、寝る直前まで暴れているミミズは、この読書の数分間ですっかり目がトロンとしてきます。それなのに、わりとしっかりと話を聞いていて、「どういう意味?」と質問攻めにあい、なかなか読み進めることができないこともあります。先日、本当に話を聞いているのか、ちゃんと理解しているのかを確認するため、さりげなく聞いてみると、実にしっかりと理解していて驚きました。

それにしても、国がちがえばさりげなく表現される風景や常識などもちがっていて、ときにどうして?とわけがわからないこともあります。現在、中国の話を読んでいますが、おそらく中国では年上の人のことばは絶対なようで、たいていいじわるな兄姉がひどいことを言い、その言に従うまじめな弟妹が主役となります。さらに、いじわるな兄姉はけっこう残酷で、すぐにだれかを殺すこともあります。イタリアの話でも、そんなちょっと常識的に理解を超える部分がありました。だからおもしろくて、次はトルコの昔話がいいとか、ロシアの物語がいいとか、リクエストが上がってきました。

そんなわけで、たぶんまた近いうちに、本を購入するんだと思います。子どもが大きくなってくると、つい読み聞かせをしなくなってしまいますが、実は子どものころに、母から読んでもらった記憶があって、過去のことをすぐに忘れる私にしてはめずらしい記憶です。つまり、こういう経験は大人になっても残るということなので、どんなに忙しくても、締め切りやら何やらで寝る時間もブログを書く時間もなくても、やっぱり読んであげようと思うわけです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です