こうして日本語教育ははじまった

手作りカードはこんなものからはじめる

アタシが日本語をミミズに教えようと思ったのは、エリートに育てるためではありません。ただ日本語でミミズとしゃべりたかっただけです。

縁があってフランスに住んでいます。フランスに住むつもりはまったくありませんでした。アタシはスペインが大好きで、スペインに住みたいと思っていたのです。

ところが、たまたまフランス人の夫と出会い、フランスに来ることになりました。そこで生まれたのがミミズで、彼女はいまのところ日本フランスの国籍を持っています。

フランスでは、フランス語をしゃべることがとても大切で、フランスで暮らす外国人はフランス語を学ぶ権利があります。事実、アタシもフランス語を習いました。このとき思ったのは、ミミズにしっかりと日本語を教えないといけないということ。そうしなければ、彼女は日本語が理解できない子になってしまうという危機感が生まれたのです。

そういうわけではじまった日本語教育。はじめてからいままで続いている日本語教育。やっぱり語学教育は早くからスタートさせた方がいいと実感します。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です